カウンセラー&ユーザーのための「カウンセリング」情報サイト

カウンセラー検索ナビの使い方
メールマガジンの登録/解除はこちら

 
カウンセラーのコラム
セミナー・イベント情報
携帯サイトはこちら
カウンセラーの方へ
よくある質問

カウンセリングとは?


日本では「カウンセリング」とは「専門的な手続きに基づく相談」と言われ様々な相談形態があります。

心理カウンセラーが行う「カウンセリング」とは、依頼者の抱える問題・悩み等に対し、
専門的な知識や技術を用いて行われる心理的な相談援助のことで、「心理カウンセリング」といわれるものです。

ここのサイトで言う「カウンセリング」とは「心理カウンセリング」のことを言います。

心理的な相談援助であるカウンセリングを行う人を「心理カウンセラー」
依頼者を「クライエント・相談者・来談者」などといわれます。

「カウンセリング」とは、相談者がこのカウンセリングの時間を
どのように使いたいのか? 何をしたいのか? どうなりたいのか? という点に焦点を当て、
専門家である心理カウンセラーが相談者のお話を傾聴し、相談者の気持ちに共感し、
混乱されている状況を整理したり、必要であれば抱えている問題の本質や原因を見出したり、
問題解決の方法を相談者と一緒に考え、解決までの道のりを手助けしてくれます。
ですから相談者の相談内容によってオーダーメイドのようなカウンセリングになるわけです。

心理カウンセリングってどんなことをするの?


心理カウンセリングは、相談者が抱えている悩みや問題を解決したり、なりたい自分の姿を考えたり、
見つけたりするために、相談者の思っていることや考えていることをお話ししていただきます。

カウンセラーに傾聴してもらうことで安心感を得ることができます。

さらに、安心感を得ながら、カウンセリングが進むと相談者が抱えている問題の重要ポイントに
相談者自身が気づいていくというプロセスを経て良い状態になっていきます。

対面によるカウンセリングや、メール、電話でのカウンセリングなど
様々な形式があります。

詳しくはこちらのページも御覧ください →

心理カウンセラーってどんな人?

 

心理カウセラーとは、気持ちが整理できず、漠然とした悩みを抱く人と向き合い、
相談者が自分自身で問題解決できるように導く専門家です。

心理カウンセラーは、相談者の悩みの奥に潜む本当の問題に気づかせ、
相談者が思う解決というゴールへと導く伴走者なのです。
また、災害による気分の落ち込みや虚しさといった
抑うつ状態の方の心のケアを行うことも心理カウセラーの役割の一つです。

心理カウンセラーは民間の企業や各団体のカウンセリングルームに所属していたり、
独立してカウンセリングルームを運営している心理カウンセラーもいます。

どんなときにカウンセリングを受けたらいい?


基本、カウンセリングは、貴方がカウンセリングを受けたいと思ったら、いつでも受けられるものです。
といわれてもちょっと迷ってしまわれる時は、次の状態を目安にしてみてください。

目安として、何かに「とらわれている」という状態が日常的に続いている時は、
カウンセリングを受けたほうがよい状態だと判断できます。

簡単なチェック方法として、突発的にいやなことが発生した時などは、
自分自身でそのいやな気持ちや落ち込みを発散するために自分に出来ることをやってみます。

例えば、誰かに今のいやな気持ちや状況を話してみるとか、友人とカラオケに行って騒いで見るとか、
大きな声で叫んでみるとか、とにかく効き目がありそうなものをやって見ます。
やってみても、すっきりしない、思い出すとやっぱり落ち込んでしまうなど、
まだ、いやな気持ちが残っていたらカウンセリングを受けた方がよい状態です。

たぶん、深層心理のところで何かが影響している可能性があるからです。
この場合だと、早期に解決できる可能性が高いです。

あるいは

「日常的に毎日が辛い」
「出来ないことが続いている」
「いつも出来ないことがある」
「不安な気持ちが続いている」
「ある何かを思い出すと、辛かったことを思い出して、気持ちが暗くなる」
「眠れない」

など、ネガティブな気持ちにとらわれていると感じた時こそ、カウンセリングを受けてください。

この場合、過去の体験が深層心理に影響している可能性があり、日常生活に影響が出ているようです。
このような状態の方は、日常的に辛いことが当たり前のようになっていると思いますので、
カウンセリング受けることで楽になれると思います。

悩みがなくてもカウンセリングを受けていいの?


悩みがないと思っているときにカウンセリングを受けることは、実は欧米では主流となってきています。
平常時に自分の状態の確認としてカウンセリングを受ける事により、
常に仕事でもプライベートでも最高のパフォーマンスを発揮することが可能になり、
人間関係もよりスムーズになることを実感していただけます。

相談内容はどんなものでもよいの?


ある人にとっては取るに足らないことであっても、悩みを抱えた人にとっては耐え難く感じるものです。

感じ方は人それぞれですので、「こんなことで相談なんて・・・?」と思うことなく、
まずはお気軽にカウンセリングルームへお越しください。

カウンセリングにはどのくらいのお金と時間がかかるの?

自分に合ったカウンセラーを見つける方法は?

小さい子どもでもカウンセリングは受けれるの?


お子さんの問題は親御さんがお子さんへの対応方法を変えることで解決出来ることが多いので、
一緒にカウンセリングやセラピーを受けられることで良い状態になっています。

夫婦でカウンセリングを受ける事はできる?


もちろん受ける事は可能です。

お二人同時が良い場合もあり、また別々の方が良い場合もあります。
そのあたりのことはカウンセリングの時にカウンセラーから提案があると思います。

カウンセリングで心を病や悩みは本当に治る?


精神疾患や重度の脳障害がない限り、状態を改善することはできますが、
自分自身を変えようとする意思と契約(自分自身との約束)が何よりも大事です。

カウンセリングを受けている事を家族に知られたくないのだけど・・・


命に関わる場合を除き、ご家族へ心理カウンセラーやカウンセリングルームから
連絡をする事はありません。

しかしながら、状況に応じては(命に関わるような場合)
警察やご家族に連絡をする必要がある場合は連絡を致します。

 

心療内科、精神科に通っているけど、カウンセリングは受けても大丈夫?


心療内科、精神科に通っている場合は、必ず主治医の先生にご相談の上、
カウンセリングを受けてください。
カウンセリングを受けるためのご相談内容によっては、
相談者様の心に刺激となる場合があり、病状に影響する可能性もありますので
主治医の先生にご相談して受けても大丈夫だと許可をもらってからカウンセリングを受けましょう。

また、カウンセリングを受けた後の状態を忘れず主治医の先生へご報告してください。
 
 

カウンセラーに相談することと、家族や友人に相談することと何が違う?


心理カウンセラーは「聴き方のプロ」なのです。

相談者は心理カウンセラーと対話することで、自分を受け入れてもらえます。
そして相談内容を整理することが出来るようになり、それまで気づかなかったことに気づくことが出来ます。
カウンセリングが終わるころには、気分がすっきりしたり、楽になったりします。

その上で最も重要なことは、心理カウンセラーは相談者の秘密を守ります。
相談者本人あるいは相談者に関わる方の命に係わるような時以外、
心理カウンセラーは相談者がカウンセリングルームへ来た事実も相談の内容も墓場まで持っていきます。
ですから、誰かに相談して噂が広がってしまうようなことはありません。

また、心理カウンセラーは相談者のお話しを伺うだけではなく、ストレスなどの身体症状が現われている場合、
様々な心理療法を用いて対処できる技術を持っているカウンセラーもいます。
心理療法とはセラピーともいわれるものです。

男性カウンセラーと女性カウンセラーではどう違うの?


カウンセラーとしてカウンセリングを行うことに、特に男性・女性の違いはありません。

ただ、男性カウンセラーは、男性しか経験できない父親という人生経験や
仕事に関する経験をしている場合もありますし、女性カウンセラーは、
出産など母親という女性しか経験できない人生経験をしている場合もあります。

男性ならでは、女性ならではの人生経験が参考になる相談内容であれば、
カウンセラーの性別で決めても良いかもしれません。

また、カウンセリングは、密室の中、二人だけで行われます。
信頼のおける方からの紹介以外の場合、異性のカウンセラーよりも
同性のカウンセラーの方が安心だということであれば、
同性のカウンセラーをお選びいただいても大丈夫です。


最終的には相談者が相談したいカウンセラーかどうかで
カウンセラーをお選びいただければよろしいかと思います。
 

カウンセリングって病気の人が受けるものではないの?


心理カウンセリングはむしろ病気でない人が受けることで、うつ病を回避できたり、
問題が早い段階で解決できたりする場合があります。

心理カウンセラーは医師ではありませんので、薬を処方するなどの治療行為は行いません。
従って、病気になる前の予防としてカウンセリングを利用することをお勧めします。